Tetra Logic Studio|テトラロジックスタジオ

建築・舞台芸術・映像を中心に新しい創造環境を生み出すプラットフォームとして結成。プロジェクトに応じて、組織内外の柔軟なネットワークを構築し活動を展開。

錯誤の果てに ―アルマイトの栞 vol.225

1000022111.jpg

日頃は映像の人だと思って接している大津伴絵さんは写真の人でもあって、そのいずれが彼の自我の中で先行しているものかは知らないのだけれども、写真の個展を開こうとしている今の彼は“写真の人”で、自分の気付く限りではあるが、おそらく今年の二月頃には写真展を企て始め、三月に至って写真集の刊行も思い立ち、そこへ策士の如くにKatDesignの加藤さんが手を貸し始めたらしく、三月の下旬になって大津さんからLINEが届いた。「写真を見て頂き寄稿文を!」その原稿依頼の簡潔極まりなさに、自分は文字数を問うタイミングを逸した。

個展の会場となるギャラリー&カフェバー『クラインブルー』で写真を見せられたのは四月の下旬で、約束の時間に店へ入ったら、すでに来ていた大津さんと加藤さんの陣取ったテーブルにはオビタダシイまでの点数の写真が在るばかりか、A4用紙に何枚にも亘って出力された写真のサムネイルさえ在って、この段階で「写真を見て文章を」であれば「たくさんあってオドロイタ」とだけ書いて終わりそうにもなるが、そんな愚かな事しか思い付かない自分のわりには展示計画へ話題が及ぶとアイデアに満ちるのである。「会場へ入った目の前の壁に“大津伴絵 略年譜”を貼り出そうよ」 即座に却下された。

いや、刊行する写真集についても自分はアイデアを口にしたのである。
「巻末に“大津伴絵 略年譜”を入れようよ」
却下されてしまった。その写真集はとっくに印刷所へ入稿されてしまっているのだが、納品された写真集に略年譜だけを紙一枚で挟み込む方法は残っているなどと考える自分が居るうえに、会場限定販売のサイン本を作ってはどうかとか、お渡し会を催すのはどうかとか、それなら握手会も企画すべきではないかとか、すると“大津伴絵とチェキ会”はどうかとか、およそ大津さんに対する自分の認識の錯誤ぶりこそドウかと思う。

ところで今頃は印刷所のいずれの工程に在る写真集なのかは知らないのだけれども、そこへ自分の寄せた文章がアレで本当に大丈夫だったのだろうかと些か不安になるのは、加藤さんへの仮入稿も兼ねたつもりで大津さんと加藤さんへCc.メールで送った初稿が、とりたてて具体的な意見も戻らないままの最終入稿にされてしまったからなのであって、写真集が刷り上がって納品された後に待ってましたとばかりに自分の大津さんに対する認識の大錯誤が露見する可能性さえあり、その時こそ、寄稿文の上から貼るシール式の“大津伴絵 略年譜”が大活躍である。

雑記 | comments (0) | trackbacks (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク

血まみれな本 ―アルマイトの栞 vol.224

なんたる怠惰でノロマなのかとホトホト呆れることに、たった一冊の文庫本を読み終えてみれば、二ヶ月以上の時間が経過しており、それは徳間文庫の山田風太郎『人間臨終図巻Ⅰ 』なのだけれど、「Ⅰ」であるからには続巻もあるわけで、これは全三巻のうちの「Ⅰ」だから、このまま「Ⅱ」「Ⅲ」と読み進めていきたいところだが、2001年に「Ⅰ」だけを買って、読まずに書棚に放置し、買ったことすら忘れ、「Ⅱ」と「Ⅲ」は所有しておらず、ともかく、購入してから読み始めるまでに15年が経過し、読み終えるまでに二ヶ月以上を費やし、1977年に打ち上げられたボイジャー1号だったら海王星を通過している頃だ。

続きを読む>>
雑記 | comments (0) | trackbacks (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク

発掘への道 ―アルマイトの栞 vol.223

全くもって思いもしなかった研究テーマも在るものだと、つい唸らざるを得なかったのは、『共産テクノ ソ連編』なる書籍が刊行されると知ったときで、初めてタイトルを耳にした際には、「協賛と提供」と聞き誤ったほどなのであって、つまり、それほど、盲点を突いたような研究テーマが「共産テクノ」であり、そんなテーマに取り組む著者の四方宏明さんは、自らを「音楽発掘家」と称しており、そんな肩書きすら初めて目にするわけで、その肩書きの意味するところは「あまり世に知られていない音楽を見つけては紹介する人」かと思うが、そう文字に書いてみて、ふと思った。ワタシも、それになりたい。

続きを読む>>
雑記 | comments (0) | trackbacks (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク

邪魔する二助 ―アルマイトの栞 vol.222

「あ、キミみたいな人が、きっと気に入る感じだな」と人から薦められたのは、小説家の尾崎翠で、その名前こそ知っているものの、未読の作家だったから、ともかく河出文庫の『第七官界彷徨』を手に入れ、全く未知の世界へ足を踏み入れる心持ちで本を開くと、その冒頭の書き出しは次のごとくである。「よほど遠い過去のこと、秋から冬にかけての短い期間を、私は、変な家庭の一員としてすごした。そしてそのあいだに私はひとつの恋をしたようである」。いきなり「恋」などと書かれて、危うく本を取り落とすところだった。自分のような者が読んでも構わないのか、おおいに不安がよぎるわけである。

続きを読む>>
雑記 | comments (0) | trackbacks (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク

クイズと探し物 ―アルマイトの栞 vol.221

とりたててクラシック音楽のファンではないのだけれど、クラシックのCDも多少は持っており、かなり久しぶりに『「タンホイザー」序曲 / ワーグナー名演集』を聴かなければいけないような事態になって、ともかく聴く必要があった曲は、冒頭に収録された『歌劇「さまよえるオランダ人」序曲』で、それを聴く原因を作ったのは、突然に届いた携帯メールである。「さまよえるオランダ人の曲だと思って聴きなおしたのだけど、どうやら違ったみたいで、一晩に亘って考え込んで、やっと思い出せました。さて、正解は何だったでしょうか?」。一見、相談か質問を装ったメールだが、どう考えても、クイズだ。

続きを読む>>
雑記 | comments (0) | trackbacks (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク