Tetra Logic Studio|テトラロジックスタジオ

建築・舞台芸術・映像を中心に新しい創造環境を生み出すプラットフォームとして結成。プロジェクトに応じて、組織内外の柔軟なネットワークを構築し活動を展開。

2.5へ近付く ―アルマイトの栞 vol.207

マンガやアニメやゲームを原作とする舞台の公演が増えていることに気付いたのは、たぶん2003年頃なのだが、自分とは接点の少ない公演ジャンルなのか、そのジャンルの動向をあまり知らないままボンヤリと過ごし、「2.5次元」と呼ばれる公演ジャンルなのだと漠然と知って、「それは原作ファンが喜ぶだろう」とか思っていたら、いきなり雑誌ユリイカが今年4月の臨時増刊号で『2.5次元 2次元から立ちあがる新たなエンターテインメント』なんて特集を組むものだから、どうもタダならぬ盛り上がりぶりのジャンルらしいと今さら気付く酷いノロマの自分で、1938年の小説など読み耽って喜んでいる場合ではない。

続きを読む>>
雑記 | comments (0) | trackbacks (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク

この玉川上水 ―アルマイトの栞 vol.206

「この玉川上水の中に はいらないで ください。」と書かれた看板が存在するからには、どこかに入っても構わない「その玉川上水」だとか、入っても構わないけれど泳いではいけない「あの玉川上水」だとかの様々な「玉川上水」が存在するのではないか。それとも、この看板の文言は、目の前の水の流れが「神田上水」でもなければ「善福寺川」でもなく、他ならぬ「これこそ玉川上水だ」と、それとなく強調しているのかもしれず、誰かが書き加えた「学生マナーよく」の一文は、この文言が近隣の学生への注意だと補足しているわけだが、近隣には武蔵野美術大学しかないので、ムサ美の学生が玉川上水に入りたがるのだ。

続きを読む>>
雑記 | comments (1) | trackbacks (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク